生命の強い意志

 

地球は自らが生きるために、生命サイクルを働かせています。

 

それに対して人間は、自分自身のなかで創り出したエネルギーを体内循環させ、生命を維持しています。

 

人間一人ひとりが、大宇宙と同じ生命エネルギーシステムを内在させているのです。

 

そのため人間は『小宇宙』とも言われます。

 

 

 

小宇宙である人間が、自らを生かそうと働く力を

 

『イネイト・インテリジェンス』(先天的知能)と呼ばれています。

語源は、in(内)とnature(自然)からできている派生語で、innate『内なる自然』という意味です。

 

日本人にイメージしやすく言えば、自然治癒力や生命力という意味です。

 

内なる自然、つまり惑星を維持している力が私たちの体にも備わっているわけです。

 

 

 

しかし、本当はそんな生易しいものではありません。

 

人間の体には『生きる』という強い意志が働いています。

 

例えば、自殺願望をもっている人が、自分の首を絞めたとします。

 

しかし、その人の意志にかかわりなく、体中の毛穴が開いて、少しでも体内に酸素を取り込もうとします。

 

死のうと思っている本人の意志とは全く別に、人間の体は『生きよう』という意志が働いているのです。

 

 

 

こうした『生命の強い意志』は、その人の心に左右されることがありません。

 

心の意志よりずっと強烈で、根源的なものです。