更年期障害

 

なんと約8割の女性が更年期になんらかの不安を感じている!

 

日本では、女性の総人口の19.5%(120万人)が更年期で悩まされていると言われています。

 

40代~50代で発症することが多く、60代にまで及ぶこともあります。

 

子供がいるお母さんであれば、ちょうど子育ての時間から解放されこれからの人生を楽しみたい年代。

 

また、仕事をしている女性であれば、管理職に就く年齢でもあり、これから仕事でキャリアアップを目指していく年代でもあります。

 

ですから、女性にとって40代~50代を健康で元気に過ごし、自分らしい生き方へ大きく舵を切る時期でもあります。

 

 

 

 

諦めていませんか?

 

□年をとったからしょうがない。

 

□女性として当たり前のこと

 

□時期が来れば治まるもの

 

このように、更年期につらい症状が出ても何も対策していない人も多いのではないでしょうか。

正しい知識と対策法を身に着けて、更年期を乗り切りましょう!

 

 

 

なぜ更年期障害になるのか

 

更年期は『エストロゲン』と『プロゲステン』のホルモン分泌量が低下することが原因と言われています。

 

女性ホルモンと自律神経はどちらも同じ大脳でコントロールされているので、女性ホルモンが低下すると、その影響を受けて自律神経のバランスを乱れます。

 

 

 

更年期には、卵巣から女性ホルモンの『エストロゲン』と『プロゲステン』の生産が低下します。

 

しかし、脳は女性ホルモンが少ないと錯覚した状態が続ぎ、その結果『女性ホルモンを作れ』という指令を出し続けてしまいます。

 

それが原因で、交感神経が常に活動し、優位になり過ぎる状態になってしまいます。

 

 

●筋肉の緊張 ➡ 肩こり・腰痛・慢性疲労

 

●心拍数の上昇 ➡ 動悸・血圧の上昇

 

●消化器官の働きが低下 ➡ 消化不良・胃痛・胃もたれ

 

●汗腺の活発な活動 ➡ 大量に汗をかく(ホットフラッシュ)

 

●血管収縮 ➡ 血流の低下・冷え性・疲れやすい

 

●興奮状態 ➡ イライラする・心が落ち着かない

 

 

 

このように、交感神経が優位になると、様々なシグナルが起きてくるのです。

 

 

カイロプラクティックでのアプローチ

 

脳と神経と体のサイクルが正常であれば、生活習慣や環境が変化しても、その変化を脳が瞬時に把握し適切に対応します。

 

そもそも更年期障害は、体が変化しているのを教えてくれている大切な体の内からのシグナルです。

 

その大切なシグナルをただ消すのではなく、カイロプラクティックではしっかり体の内から見つめ直していきます。

 

そこで重要なのが脳です。脳は体の状態を把握して、その環境に適応するために対処してくれます。

 

しかし、背骨のゆがみがあって神経の流れが阻害されると、正確な情報が脳に伝わらず適切な対処ができなくなります。

 

更年期障害の原因は、自律神経のバランスが乱れ、環境に適応ができていないだけです。

 

更年期は、ちょうど人生の折り返し。

『更年期だから』と諦めたり、不安になるのではなく、積極的に趣味や好きなことに取り組む人生をてにいれるため、カイロプラクティックで自律神経を整え、上手に乗り越えていきましょう。