なぜ体は痛くなるのか?

 

 

体の痛みや様々な症状は、骨格のゆがみが原因です。

※ケガなど外傷の場合もあります。

 

背骨は全部で24個あり、背骨を通って手足や内臓など、全身へひろがります。

 

しかし、背骨がゆがんでしまうと、その下にある椎間板が潰れてしまい、神経を圧迫してしまいます。

  

神経が圧迫されると、その部分でエネルギーの流れが遮断されてしまうのです。

 

 

背骨や骨盤のゆがみは、カイロプラクティックで矯正しないと元には戻りません。

 

背骨のゆがみを放置すると、そのまわりの筋肉や靭帯が順応して、体がまっすぐ立てるように補正していくのです。

この状態では、筋肉や靭帯にずっと負担をかけ続けてしまいます。

 

肩こりや腰痛・ひざ痛・頭痛が発生するのは、このゆがみの補正による筋肉の負担が多いのです。

 

マッサージを何回受けても、またすぐに症状が再発し、根本的に解決していかないのはそのためです。

 

 

なぜ痛みはくり返すのか?

 

痛みなどの症状を繰り返すのは、サブラクセーションが戻ってしまい再び神経圧迫が起こるからです。

 

骨格を矯正しても、ゆがんだ骨はどうしても元に戻ってしまいます。

 

早い人ならその日のうちに戻ってしまいます。戻りの度合いは、ゆがみの大きさや、ゆがんでいた期間と関係してきます。

  

それは骨格を矯正しても、まわりの筋肉や靭帯がすぐには順応できないからです。

 

安定しないうちに矯正の期間があいてしまうと、骨はまたゆがんでしまい、症状は再発してしまいます。

 

このため、最初のうちは期間をあけずに矯正をくり返し、安定させていくことが重要なのです。