悶絶!!ボディプレス

昨日からおなかが痛い(一一")

 

 

 

ご飯の食べ過ぎではない。

 

 

 

ストレスで胃に穴が空いているわけでもない。

 

 

 

 

原因は3歳になったばかりの娘だ。

 

 

 

昨夜は久しぶりにベッドで娘を寝かせていた。

 

 

 

私は仰向けに寝ていて、娘は横に座っていた。

 

 

そのとき娘が

 

 

『おめめ閉じて』

 

 

『手ってはお顔』

 

 

と言ってきた。

 

 

 

たくさん遊んであげたから、チュウのご褒美かもしれない。

 

 

 

そんなメルヘンな子に育ってはいない。

 

 

と頭では解ってはいながらも、娘が女の子らしく成長しているのでは?

 

 

という、父親の淡い期待もあった。

 

 

 

私は言われるまま、目を閉じたふりをして両手で目を隠した(/ω\)

 

 

 

次の瞬間、娘はジャンプして、

 

 

『シュワッチ\(^o^)/』

 

 

と、私のおなかへボディプレスをしてきた。

 

 

 

 

2代目タイガーマスク・三沢光晴を彷彿とさせる、躍動感のある見事なボディプレスであった。

 

 

 

しかもその時、娘のひざが私の肋骨にはいった。

 

 

 

悶絶する私。σ(oдolll)

 

 

 

爆笑する娘。(σ´∀`)σ

 

 

 

 

 

12キロの娘でこの衝撃。

 

 

120キロを超える大男のボディプレスに耐える、プロレスラーはなんてタフな商売なのだろう。

 

 

プロレスラーにはならなくて、本当に良かった。

 

 

 

 

3歳にして、こんなクオリティの高いボディプレスを決めるとは・・・。

 

 

 

来年の今頃は、ムーンサルトプレス(注)を仕掛けてくるかもしれない。

 

 

(注)ムーンサルトとは、

 

①リングのコーナーに昇り、

 

②後ろ向きからバク転をして

 

③ボディプレスを決めるプロレスの必殺技。

 

(全日時代、小橋建太が決め技として使っていた。)

 

 

 

 

この娘は、何をしでかすか予測不能である。

 

 

油断してはならぬ。

 

 

一分の隙も見せてはならぬ。

 

 

 

 

5年後の娘は・・・

 

 

花を愛でるような女の子になっているだろうか。

 

 

それとも

 

 

やはり私とプロレスごっこをしているだろうか。