なぞなぞ合戦

 

次女が夜、なかなか寝てくれない。

 

 

保育園の年長なのだが、まだたっぷりお昼寝をしているからだ。

 

 

いまだ寝かしつけてあげねばならない。

 

 

 

 

私が寝かしつけるときには、なぞなぞを幾つか出し合うのが通例となった。

 

 

洒落た親子である。

 

 

 

 

 

 

 

 

次女『時計は時計でも、動かない時計はなーに?』

 

 

父『ほっ(とけい)き』

 

 

父『どや?』

 

 

次女『ブー(●`3´)=3 おもちゃの時計』

 

 

 

 

うーん。ほっとけいきの方が良い回答な気がする。

 

 

 

 

 

 

父『朝になると叫ぶお花はなーに?』

 

 

次女『チューリップ』

 

 

次女『ひまわり』

 

 

父『朝になったらガオーって叫ぶがで?』

 

 

次女『あ。分かった。たんぽぽ!』

 

 

父『正解はあさがお。』

 

 

父『よしっ。寝るでっ。』

 

 

 

 

 

次女『傘は傘でも開かない傘は?』

 

 

父『かさぶた』 

 

 

次女『ブー(●`3´)=3

 

 

父『水かさ』

 

 

次女『ブー(●`3´)=3

 

 

次女『正解は おもちゃの傘。』

 

 

 

うーん。モヤモヤする。

 

 

とても寝られない。

 

 

 

 

 

 

父『いつも文句ばっかり言ってる動物はなーに?』

 

 

次女『えーと。キリン』

 

 

次女『うーん。カンガルー』

 

 

次女『分かった!コアラ!』

 

 

父『ブー。正解は牛。』

 

 

 

次女『なんで牛なが?』

 

 

父『モーモー鳴くやろ?』

 

 

 

分かった!コアラ!と確信した根拠が知りたい。

 

 

なかなか二人とも正解がでない。

 

 

父『よしっ。もう寝よう。また明日ね。』

 

 

 

 

 

 

 

次女『パンはパンでも食べられないパンはなーに?』

 

 

父『うーん。アンパンでもないし。食パンでもないし・・・』

 

 

次女は悩んでいる私をみてニヤニヤしている。

 

 

 

 

父『カレーパンでもないし・・・フライパンなわけないし・・・』

 

 

私はチラッと横目で次女を見た。

 

 

次女のニヤニヤが一瞬こわばった気がした。

 

 

 

答えはフライパンだ。

 

 

成熟した日本人ならみんな知ってるなぞなぞである。

 

 

 

 

 

父『うーん。分かった。パンツや。』

 

 

次女『ブー(●`3´)=3 

 

 

次女『答えはフライパンで~。』

 

 

私が不正解を言ってホッとした表情だ。

 

 

 

 

 

 

父『食べると美味しいのに、くさい野菜はなーんだ?』

 

 

次女『ゴーヤ』

 

 

次女『腐った野菜。』

 

 

うーん。ある意味正解。だが、なぞなぞには成立していない。

 

 

 

父『せいか~い。』

 

 

たまには正解にしてあげないと、次女も楽しくないだろう。

 

 

私は正解の白菜を、そっと胸におさめた。

 

 

 

 

 

 

 

父『お菓子なのに、真ん中が食べられないお菓子はなーに?』

 

 

次女『そんなんないろ〜』

 

 

父『あるよ。』

 

 

 

次女『チョコレート』

 

 

次女『飴』

 

 

次女『あ。分かったお団子』

 

 

次女『とうもろこし』

 

 

とうもろこしは良い回答だ。だがお菓子ではない。

 

 

 

 

父『正解は ドーナッツ。』

 

 

 

次女『す・す・すごい。』

 

 

次女の目が光った。

 

 

次女『本当や。Σ(°□°)⊃

 

 

次女『真ん中がないき食べれん。』

 

 

 

 

 

 

次女『じゃあ次は・・・』

 

 

父『もうえいで。寝えや。』

 

 

次女『忍者やのに忍法が使えない忍者はなーんだ。』

 

 

 

さっぱり分からない。

 

 

さっき思いつきででた問題に違いない。

 

 

 

 

どうせおもちゃの忍者とかだろう。

 

 

考えるふりして寝てしまおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次女『お父さん。考えゆう?』

 

 

次女『ねぇ。お父さん?』

 

 

次女『忍者やのに忍法使えんがで。』

 

 

 

 

次女『ヒントいる?』

 

 

次女『お父さん?』

 

 

父『グー(。´-д-)。o○Zzz

 

 

次女『おとーさん!』

 

 

こうして夜は更けていく。