アンケート

東京の勉強会にて。

 

 

 

3月に行われた、第30期生最後の講義のとき。

 

 

『今後の改善のためアンケートを書いてください。』

 

と受講生に用紙が配られた。

 

 

 

講師の先生が

 

『厳しく書いてくださいね。』

 

 

と言ったのでジョークだと思い、顔をあげたら先生の顔は笑っていなかった。

 

 

本気で言ったのだ。

 

 

『この1年間の講義を思いっきりダメ出ししてくれ。』

 

 

ということだ。

 

 

この人は本気の本気なのだ。

 

 

 

 

この一言で会場が少しピリッとした。

 

 

この一言がなかったら

 

『とても勉強になりました。ありがとうございました。』

 

と書いていたかもしれない。

 

 

だが、私は用紙にびっしりと自分の思ったことを書いた。

 

 

隣の人は用紙の裏側にまで書いていた。

 

 

 

 

次回、良い講義を行うために、批判も甘んじて受ける。

 

 

そんな覚悟を持った人に、自分は教わっていたのだ。

 

 

 

 

 

この1年間、素晴らしい講義を受けてきた。

 

 

しかし、この講義は過去の厳しいダメ出しを真摯に受け止め、試行錯誤の末に出来上がった講義だったのだ。

 

 

 

こうして第30期の講義は終了した。

 

 

 

 

 

 

 

410日。新年度。

 

 

31期の講義が開幕した。

 

 

 

定員30人のうち、リピート受講した人は7人。

 

 

つまり23人は新規受講生だ。

 

 

 

31期はメンバーがごっそり入れ替わったのだ。

 

 

前回まで『教えてくれくれ』だった私。

 

 

今回からは練習のとき、教える側になった。

 

 

 

 

私に本気で教えてくれた人達に感謝している。

 

 

だから、私も新規の人達に本気で教えた。

 

 

 

 

 

そうやって、良い連鎖を生み出していきたい。