BMWの入社試験

 

お昼ご飯を食べながら、ネットでニュースや動画を見るのが私の日課。

 

 

最近のブームは入社試験のテスト動画。

 

 

マイクロソフトやグーグルなど、有名企業の入社試験がズラリとネットででている。

 

 

難しい数式とか英語のテストではなくて、いわゆる発想やアイデアを試すテストである。

 

 

 

 

 

そのなかで、ひと際印象に残ったのが中国BMWの問題だ。

 

 

正解率1%というの難問である。

 

 

 

 

 

ある人が8元で鳩を1羽仕入れ、一旦9元で売りました。

 

 

それを10元で買い戻し、再び11元で売りました。

 

 

いくら儲けたでしょうか?

 

 

 

 

問題はたったこれだけ。

 

 

解答時間は2分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは解説。

 

 

 

 

●2元の儲けと答えた人

 

 

論理的・数学的には正しい。

 

 

消費者と投資家には向くが・・・

 

 

『不採用』

 

 

 

 

●±0と答えた人や3元の儲けと答えた人

 

 

主観的で細かい点を見落としており・・・

 

 

『不採用』

 

 

 

 

●38元または4羽の儲けと答えた人

 

 

学者あるいは役人に向くが、民間企業には向かない。

 

 

『不採用』

 

 

 

 

●1元の儲けと答えた人

 

 

経営コストの概念を持ち合わせている。

 

 

『補欠採用』

 

 

 

 

●-2元またはそれ以下の儲けと答えた人

 

 

『優先的に採用!』

 

 

8元で仕入れたものが11元で売れるので、1元しか設けられなかった。

 

 

よって2元の損。

 

 

 

儲けられた可能性>儲けた金額=損

 

 

という答えを期待した設問となっている。

 

 

算数の問題ではなく、商売人としての資質を問う良問である。

 

 

 

 

 

ちなみに私は『1元の儲け』と答えた。

 

 

経営者としてまだまだだなと反省である。