日々是精進

 

東京へは勉強会に行っているのではない。

 

 

反省をするために行っているのだ。

 

 

 

 

基本的には講義は第2日曜だけだが、4月〜7月までは土曜の講義にも参加している。

 

 

土曜の晩は、講師の塩川雅士先生と二人でディナーへ行く。

 

 

 

 

二人で歩いて、

 

『ここにしよっか。』

 

と言われて入ったのが銀座のフレンチレストラン。

 

 

『今日は遅いからオレはサラダだけにしよっかな。』

 

 

とか言いながら、私の為にいろいろ注文してくれた。

 

 

 

 

 

『晩御飯をサラダだけで済ます。』

 

 

という概念が私にはない。

 

 

腹一杯食べて、次の日眠くて体が重たい。

 

 

なんてことが雅士先生にはないのだ。

 

 

日々万全を期しているのだ。

 

  

 

 

体調管理が私よりしっかりしているのが分かる。

 

 

私ももっと摂生せねば。

 

 

 

 

ちなみに、そのレストランのミネラルウォーターの料金が、その日予定していた私の晩御飯の予算を超えていた。

 

 

フルコースでワインも付けたら、私の年収を超えるに違いない。

 

 

 

 

雅士先生とは、今後のスクールの展開や日本のカイロの未来を大いに語った。

 

 

 

 

いま目の前で、一緒にフレンチを食べているのは、紛れもなく日本てトップのカイロプラクターだ。

 

 

140人の患者さんをこなし、週末はスクールの講師をして、書物の原稿まで書いている。

 

 

このハードワークをどうやって毎日乗り切るのか。

 

 

何時に起きて何時に寝るのか。

 

 

根掘り葉掘り聞いてみた。

 

 

すると、やはりストイックな生活をしている。

 

 

 

 

 

夜は11時半には寝て、朝は毎日7時にはオフィスに到着する。

 

 

朝の7時から2時間は集中してデスワークをこなし、営業時間中も精力的に施術の仕事をこなす。

 

 

この凄いバイタリティの裏にはある思いがある。

 

 

 

 

 

この人の父親はミスターカイロプラクティック。

 

 

日本ではカイロプラクティックの神様のようなお方だ。

 

 

世界でも有名なカイロプラクターだ。

 

 

この偉大な父親を超えるには、父親が寝ている間、休んでいる間に努力するしかない。

 

 

そう悟ったらしい。

 

 

 

 

改めて思う。

 

 

才能ではない。

 

 

日々の努力が大きな成果を生むのだ。

 

 

 

 

 

仮にイチローに息子がいたとして。

 

 

その息子が父を超えようと思ったなら。

 

 

硬い決意をもって、血の滲むような壮絶な毎日を過ごさなければならない。

 

 

そして、彼は徐々に父を超えつつある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバイ。

 

 

ヤバイぞオレ。

 

 

今までなんと呑気な毎日を過ごしてしまったのか。

 

 

今までもっと頑張れたんじゃないか。

 

 

せめて・・・これからはもっと頑張ろう。

 

 

と、東京へ行く度に、自分にガッカリして首を傾げて帰ってくる。

 

 

 

 

東京から帰る度に

 

 

『おら、心を入れ直して頑張る。』

 

 

『明日から本気で頑張る。』

 

 

と嫁さんに言っている。

 

 

東京へ行くたびにギアチェンジを試みる。

 

 

 

 

 

 

そうしないと、雅士先生と一緒に歩いていけない気がするのだ。

 

 

一緒に日本のカイロプラクティックの未来を背負う覚悟でやる。

 

 

それに見合う実力をつける。

 

 

その為には、明日をどう過ごすか。

 

 

 

 

仕事を頑張るってのは社会人として当たり前の行為。

 

 

そこからもう一歩上を行くには、雅士先生ような体調管理が必要となる。

 

 

無駄な夜更かしがしていないか。

 

 

適度な運動はしているか。

 

 

食事の量や内容、タイミングはどうか。

 

 

ちゃんとカイロプラクティックをコンスタントに受けているか。

 

 

 

 

日々が勝負なのだ。