2024年

2月

25日

私のライバル

2月はセミナー三昧である。

 

 

新しい技術を勉強して、練習する。

 

 

練習するけど、なかなか上手くいかない。

 

 

どこまでも不器用な私。

 

 

それは練習量でカバーするしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日の夜中。

 

 

長女がトイレに起きてきて、リビングで私が勉強していたのビックリしていた。

 

 

 

 

長女は小学6年で受験生。

 

 

『おとーさん、昨日は何時まで勉強した?』

 

 

とよく聞いてくる。

 

 

どうやら私は長女にプレッシャーをかけているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ大阪セミナー当日。

 

 

いつもの会場に到着した。

 

 

その日はベーシック(基本)セミナー認定技術試験。

 

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

他は無事にパスしたけど、頭蓋骨の調整だけは×の判定であった。

 

 

うーむ。

 

 

今回はすべてパスする予定だったのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回も上手く出来ていなくて、修正ポイントを教えてもらって、毎日せっせと練習して・・・。

 

 

やはり、まだ今回も出来ていない。

 

 

業界用語で言うとこの、

 

 

『出来ているつもりだった。』

 

 

というやつだ。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、前回よりは手応えはあった。

 

 

もう少しだ。

 

 

 

 

 

 

初めて大阪のセミナーに来た時は、チンプンカンプンだった。

 

 

漢字で書くと珍紛漢紛と書くらしい。

 

 

理論も技術も、サッパリ意味が分からなかった。

 

 

 

 

 

 

それから1年間。

 

 

何回かセミナーに言って、打ちのめされて、練習してそれを繰り返す。

 

 

セミナーに行くと、初めて来た人もいるし、もう何度も来ている人もいる。

 

 

何回かセミナーに行くうちに、同期の数が減っていく。

 

 

 

 

 

 

出来ている人ほど、不思議と何度もセミナーに来てさらに腕を磨く。

 

 

出来ていない人ほど、挫折して来なくなる。

 

 

挫折して来なくなる人の気持ちもわかる。 

 

 

 

 

 

 

 

私にはライバルがいない。

 

 

決して私が無双しているわけではない。

 

 

いつの頃からか、人と自分を比べなくなったからだ。

 

 

 

 

 

同期で私よりずっと上達している人もいる。

 

 

でも彼は彼。

 

 

私は私。

 

 

 

人より上か下かよりも、自分が出来るようになることが重要だ。

 

 

 

 

 

 

カメさんのように、時間をかけてでもゴールする。

 

 

今までずっとそうだった。

 

 

人より早く上達したことはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままずっと上達しないのではないか。

 

 

ふと、心が折れそうになる時もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来週大阪セミナーだ。

 

 

今回はマスター(上級)セミナー。

 

 

この一週間は血まなこで練習しまくるしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

受験が目前に迫った長女は、私以上に血まなこで勉強している。

 

 

『心が折れている暇なんてないでしょ?おとーさん。』

 

 

そうやって、無言の背中で私にプレッシャーをかけてくる。

 

 

私のライバルは長女だった。