2022年

12月

07日

ゴッドハンドになりたい

 

カイロプラクティックの世界で、日本のトップだと言われる先生のところで何年か通って勉強した。

 

 

それとは別に、頭蓋骨の施術法で、世界的な医療学会から表彰された先生のところにも勉強に行った。

 

 

二人とも東京の先生で、ゴッドハンドと言われている。

 

 

二人とも、もう70代の大先生である。

 

 

 

 

 

もうお金も権威も手にした先生方が、まだ毎日膨大な数の施術をこなし、休日はセミナーや研究に費やす。

 

 

どこからそのモチベーションが湧くのだろう? 

 

 

 

 

イチローみたいな人達だと言えば想像がつくだろうか?

 

 

ストイックで、天才肌で、地道な努力をコツコツできる人達である。

 

 

 

 

 

 

私も20年前、この治療院業界に飛び込んだ時、

 

 

『俺は日本一の治療家になる。』

 

 

と決めていた。

 

 

 

 

 

しかし、巨匠二人に出会って、その山の頂きがいかに高いか。

 

 

肌で感じてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

『俺は世界一の野球選手になる。』

 

 

と思っている人は、よく注意して考えてほしい。

 

 

それは、イチローよりもひたすら毎日努力するということである。

 

 

なかなか大変である。

 

 

 

 

 

 

巨匠二人をみて、ゴッドハンドになるために、

 

 

『あんな風に全てを犠牲にして仕事に捧げられるか。』

 

 

うーん。

 

 

そんな甲斐性はない。

 

 

私は子供たちと遊んだり、ボーッとする時間もほしい。

 

 

 

 

 

 

 

でもゴットハンドになりたい。

 

 

でもたまにはボーっとしたい。

 

 

 

 

でもゴッドハンドになりたい。

 

 

でも夜は早く寝たい。

 

 

 

 

 

 

でもゴッドハンドになりたい。

 

 

でもたまには映画くらい見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴッドハンドになりたい。

 

 

という気持ちと

 

 

そこまで無理しなくていいんじゃないか?

 

 

という気持ちとが、いつも隣り合わせにある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうは夜中に勉強しようと思っていたのに・・・

 

 

神のイタズラなのか、なぜかいつの間にか、夜中に脱衣所の換気扇の掃除をしてしまっていた。

 

 

 

換気扇はピカピカになった。イエィ(★´3`)v

 

 

 

なぜこんなにも集中力がないのか。

ハァ━(-д-;)━ァ...

 

 

 

 

ゴッドハンドへの道は高く険しい。