2018年

10月

14日

次女の運動会 2018

 

今年は台風で延期したため、次女の運動会を見に行けなかった。

 

 

なので今年の運動会は、仕事を終えて家のビデオで見る運動会となった。

 

 

 

 

 

 

 

去年の次女のかけっこは、ニコニコしながら舌をベーっと出して、楽しそうに走っていた。

ε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ

 

 

たしか男女混合で走って6人中3位。

 

 

競争というよりは、グランド1周を楽しく走ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4歳となった今年はどうか。

 

 

楽しそうに走るか。

 

 

競争として走るか。

 

 

負けたら悔しがるのか。

 

 

勝ったら嬉しいのか。

 

 

1年間でどれだけ成長したのか。

 

 

もう少し自我が芽生えてきているのか。

 

 

かけっこの時の、次女の反応が楽しみだった。

 

 

 

 

 

 

保育園のグランドは非常に狭い。

 

 

だからスタートダッシュで遅れると、追い抜くのが困難だ。

 

 

次女には運動会の朝

 

 

『ヨーイドン!って鳴ったら、ダダダーって急いで走るがで。分かった?』

 

とだけ伝えた。

 

 

次女はウンウンと言っていたが、どこまで理解しているやら。

(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )うんうん 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を終え、夕方に運動会のビデオをみた。

 

 

 

さて運動会のプログラム1番。

 

 

さっそく次女のかけっこだ。

 

 

スタートラインに立っても、ビデオに向かってピースピースしている。

イエィ(★´3`)v

 

 

おいおい。

 

 

大丈夫か?

 

 

油断しすぎぢゃないか?

 

 

緊張感なさすぎぢゃないか?

 

 

 

 

 

違う。

 

 

私にはわかる。

 

 

ライバルを油断させようとしているのだ。

 

 

朝の作戦どおり、ロケットスタートを炸裂させるはずだ。

 

 

 

 

 

 

次の瞬間、次女が誰よりも速くスタートを切った。

 

 

作戦どおり、他を圧倒してスタートでトップに躍り出た。

 

 

 

しいて言うならば、スタートの笛が鳴ってないが。

 

 

厳密に言えばフライングだが。

 

 

身内びいきに見てもフライングだが。

 

 

レースは続行された。

 

 

終盤、追いつかれそうになったけど、なんとか逃げ切って1位でゴールテープを切った。

ε=ε=ε=ε=(ノ*・ω・)ノ 

 

 

 

フライングしてしまったのは、一生懸命のあらわれだと思う。

 

 

ちゃんと『勝とう』と思って走っていたのが感じられたので、私は嬉しかった。

 

 

マイペースな子だと思っていたが、たくましくなった。

 

 

 

 

 

 

次の種目。

 

 

『大玉転がし』はひどかった。

 

 

 

 

お友達とペアでやった大玉転がし。

 

 

次女ペアは大玉を転がすというよりは撫でていた。

 

 

次女のペアだけ『大玉なでなで』だ。

 

 

大玉をなでて進めると非常に遅い。

 

 

非情なほど遅い。

 

 

 

 

次女ペアだけスロー再生で観てるのかと思ったくらいだ。

 

 

ここだけはマイペースな次女がでた。

 

 

リレー形式だったが、最後の3mは、先生も次のお友達もしびれを切らして

 

 

『早く早く』(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

 

 

と手招きしていたほどだ。

 

 

 

 

 

 

その日の夜。

 

 

寝室に行くと。

 

 

かけっこの1着がよほど嬉しかったのか。

 

 

 

一等賞(本当は参加賞)のメダルを、大好きなクマの人形に巻きつけ、抱きしめて次女はぐっすり眠っていましたとさ。

 

 

めでたし。めでたし。