ギックリ腰でお悩みの方

▷症状

急性腰痛。

体を曲げられない。

起き上がれない。

まっすぐ立てない。

臀部や足のしびれ。など

 

 

 

▷お医者さんでのアプローチ

ブロック注射。

鎮痛剤や湿布の処方。

コルセットの着用。

 

 

▷カイロプラクティックでのアプローチ

 

ドイツではギックリ腰を『魔女の一撃』と呼んでいます。

 

ギックリは腰の捻挫のような状態で、炎症がひどく起きています。

 

もし立ち上がれないような状態なら、家でアイシングをしながら安静にしてください。

 

無理に動くと傷口がひろがり、炎症がよけいにひどくなります。

 

もしなんとか歩けるなら施術が可能です。

 

この場合も、炎症を起こしている腰椎は極力触りません。

 

 

 

骨盤の調整や、臀部・太ももの筋肉をゆるめるだけで、ほとんどの方が楽に動けるようになって帰れます。

 

 

 

施術後は3日ほどアイシングをして、炎症をおさめるようにします。

 

3日ほどして、炎症が治まった頃に腰椎の矯正を行います。

 

後ろに飛び出している腰椎の椎間板を矯正できれば、回復も早く体を前後に倒しても痛みが大幅に軽減されます。

 

 

 

▷気をつけること

炎症が治まるまで(3日~4日)アイシングを行う。

 

アイシングの方法は、アイスノンかビニール袋に氷をいれて、20分ほど患部を冷やす。

 

30分ほど休憩してまた冷やす。

 

これを数回繰り返す。

 

冷湿布より直接アイスノンや氷で冷やす方が、ずっと効果的です。

 

炎症がぶり返す可能性があるため、長湯は避ける。

 

 

 

 

 

 

寝ちがいでお困りの方

▷症状

首から肩甲骨付近にかけての急性痛。

顔を上下左右に動かすと痛い。

朝ではなく、夕方から痛くなるケースもある。

 

 

 

▷お医者さんでのアプローチ

鎮痛剤や湿布の処方。

場合によってはブロック注射。

ムチ打ちのように首を固定するケースもある。

 

 

 

▷カイロプラクティックでのアプローチ

 

ギックリ腰と同じで、寝ちがいは首のねんざのような症状です。

 

この場合もアイシングが有効になります。

 

頸椎の炎症がひどいようなら、背中や骨盤の矯正をして頸椎の負担をやわらげます。

 

寝違いを何度も繰り返すなら、椎間板に傷がはいり頸椎ヘルニアとなるケースもあります。

 

痛みだけとれればOK。ではなく、頸椎のサブラクセーション(神経圧迫・ゆがみ)をしっかり取り除く必要があります。

 

▷気をつけること

しっかりアイシングをする。

頭痛薬に頼らない。

 

痛みは身体からのサインです。

 

そのサインを無視して頭痛薬を飲み続け、適切なケアを怠れば頸椎の変形はどんどん進みます。