トロヒー

 

正月に実家の神田へ帰省した。

 

 

帰省と言っても車で15分やけど。

 

 

 

 

うちのおかんが年末に大掃除をしたようで、

 

 

『これあんたの荷物やけど、いるのがあるか見ちょいて。』

 

 

と、いくつか段ボールを出してきた。

 

 

 

 

段ボールの中はほとんどガラクタだった。

 

 

しかし、1つだけ驚くべきお宝の段ボールがあった。

 

 

お宝と言うか、国宝級だ。

 

 

 

 

 

段ボールには古代文字のような書体で

 

 

『あきらトロヒー』とボールペンで書かれてある。

 

 

 

 

段ボールの中身は、私が高校の陸上部で活躍した時の、盾やトロフィーだ。

 

 

これを捨てるリストの段ボールに入れているおかん。

 

 

許さぬ。(`m´#)

 

 

 

 

 

数えてみると、メダル6個、盾5個、トロフィー1個だ。

 

 

うちの子供たちはもちろん、嫁さんも私の勲章を見るのは初めてだ。

 

 

思う存分自慢したかったが、子供には運動会でもらったメダルと同じに見えたようだ。

 

 

 

 

 

さらに驚くべき事に、実家の両親や姉に至るまで初めてメダルを見るらしい。

 

 

物珍しそうに、父親と姉がトロフィーとメダルの写真を撮っている。

 

 

ガチで初めてみたようだ。

 

 

  

姉はメダルを見て、弟が高校のときに全国3位だったことを初めて知ったそうだ。

 

 

姉はもう四十路である。

 

 

 

どんな手違いがあれば、そんな事になるのか。

 

 

姉『あんた速かったがやねぇ。』

 

 

姉『あんた、誰も褒めてくれんのに、よく頑張ったねぇ。』

 

 

と四半世紀という長いときを経て、褒めてくれた。

 

 

 

こんな家族に育てられて、よく人の道を踏み外さなかったなぁ。

 

 

と、自分で自分を褒めてあげたい。

 

 

 

 

 

当時、私もおかしいと思っていた。

 

 

『オレ全国3位  ┓( ̄∀ ̄)┏

 

という体(テイ)でドヤ顔で家に居るのに、家族の誰もチヤホヤしてくれなかった。

 

 

 

 

なぜだか、家族の誰にも私の活躍が伝わってなかったよーだ。

 

 

思い返せば…

 

 

お祝いのパーティをしたり、家族で私への労いの言葉を順番に述べたり、家族で胴上げしてくれたり、メダルをぶら下げて写真撮影したり、インタビュー形式で武勇伝を熱く語ったり・・・

 

 

一切なかった。

 

 

赤飯すらなかった。

 

 

 

 

 

うちなんて、長女がスイミングで12.5m泳げるようになって、15級をもらったときに、赤飯と鯛を並べてお祝いした。

 

 

 

くそぉ。(`m´#)

 

 

うちの子が羨ましい。

 

 

 

 

 

『しっかりアピールしないと伝わらない。』

 

 

というのをお正月早々に学んだ。

 

 

なんと学びの多い人生だ。

 

 

 

 

 

私の活躍を風化させないように。

 

 

毎年正月がきたら、子供たちにトロヒーを拝ませよう。