引退

 

『もうこの作品が最後だ』

 

 

と、宮崎駿は何度言ったか。

 

 

『もののけ姫』や『ポニョ』を作った後に、引退宣言をしていたらしい。

 

 

『風立ちぬ』で正式に引退宣言をした。

 

 

 

 

そして、また新作を作っているのだとか。

 

 

何度も引退撤回を繰り返している。

 

 

子供達に夢を与えるためだ。

 

 

 

 

 

 

大仁田厚は7回引退宣言と引退試合をして、7回復帰試合をしている。

 

 

もはや、引退宣言をしても誰も信じない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくいう私も、何年も前から妻に引退を勧められていた。

 

 

もう何年も前から

 

 

『もうバレバレやから、しなくていいんじゃないの?』

 

 

と言われていたが・・・

 

 

子ども達に夢を与えるためだ。

 

 

今年で最後だから。

 

 

と毎年、一応着替えて登場していたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンディーズが引退するとき、

 

 

「普通の女の子になりたい』

 

 

と言った。

 

 

私も普通のお父ちゃんに戻ろうと決めた。

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵が引退のとき、ステージにマイクを置いて去った。

 

 

 

私もリビングでサンタの衣装を脱いで去って行けば、子供たちは驚くだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

今年はサンタに変身しないと決めていた。

 

 

サンタは引退だ。

 

 

長女が生まれてから7年間、ずっとサンタに変身してプレゼントを渡してきた。

 

 

長女が4才の時から正体がバレバレだった。

 

 

というか、着替えているのをもろに見られた年もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1224日。

 

 

晩御飯の手巻き寿司を食べて。

 

 

子供達の手作りのケーキを食べて。

 

 

ボチボチ例年なら、お父さんがソッと部屋から抜け出し、サンタが登場するタイミングだ。

 

 

 

 

 

しかし、このタイミングで、私の両親と姉、嫁さんの両親とお兄さんが買ってくれていたプレゼントを子供達に渡した。

 

 

欲しかった鉄琴とバイオリンの玩具。

 

 

楽しそうな絵本。

 

 

かわいい冬用のコート。

 

 

子供達は夢中で鉄琴とバイオリンで遊ぶ。

 

 

 

 

 

私達夫婦の親と兄弟が、沢山プレゼントしてくれるので、サンタが渡すものがないのである。

 

 

それも引退の理由の一つ。

 

 

 

 

 

 

『もう遅いから早く寝なさい。』

 

 

子供達『はーい』

 

 

 

 

 

『あれ?サンタは?』

 

 

と一言も発する事なく、子供達は眠った。

 

 

もう、必要とされていないのだ。

 

 

サンタの引退は正しかったのだと身に染みた。

 

 

 

 

 

 

 

その日の夜。

 

 

私は枕を涙で濡らした。

 

 

子供達の枕には、サンタからお菓子のプレゼントが。

 

 

 

 

 

 

次の日の朝。

 

 

枕元のお菓子のプレゼントを見つけて、子供たちは狂喜乱舞した。

ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

 

 

次女『サンタが来ちょった~』

 

 

長女『初めて本物のサンタ来たね!!』

ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ

 

 

喜ぶ子供達をみて、これで良かったのだと思った。

 

 

 

 

 

 

5歳の次女が

 

 

『夜、トナカイが走っていくのが見えた。』

 

 

と言っていた。

 

 

 

次女はちゃんと、心の眼で見ていたのだ。