フェイク志村

電話代が安くなる。

 

 

電気代がやすくなる。

 

 

孫が会社の金を使い込んでしまったから、早急にお金を振り込んでほしい。

 

 

こんな電話が掛かってきたら、冷静にかつ詳細にお話を聞くことをお勧めする。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、電話が掛かってきた。

 

 

 

営業の人『いま御社では○○で電話とネットを利用されていて、7800円くらいだと思いますが、当社に乗り換えると5800円になりますヨ。』

 

 

坂本『7800円が5800円?』

 

 

営業『そうですぅ。』

 

 

彼は、力強くそうですぅと言った。

 

 

『そうですぅ。わたスが変なおじさんでス。』

 

 

と続きそうな勢いだ。

 

 

旅立ったはずの志村けんが、もう下界に降臨してきたのかと私は思った。

 

 

 

 

 

坂本『なるほど。分かりました。』

 

 

坂本『いまお客さんがいて、詳しく聞いている時間がないので資料を送ってもらえますか?』

 

 

営業『資料・・・あぁ、分かりました。』

 

 

さっきとは打って変わって、気のない返事だ。

 

 

こんな空返事で、本当に資料を送ってくる確率は3%以下()である。

 

(坂本カイロプラクティック調べ)

 

 

 

 

 

 

怪しい電話営業は、資料を出したがらない。

 

 

坂本『こういう場合、資料送ってこないパターンが多いですが、ちゃんと届きますよね?』

 

 

営業『いやぁ。ちょっと・・・』

 

 

 

 

 

 

口頭だといくらでも誤魔化しが効く。

 

 

紙の資料なら証拠として残ってしまう。

 

 

たぶん5800円てのはウソだ。

 

 

プロバイダー料やWi-Fi料がはいってないとか。

 

 

初期費用とか、ネットのグレードが下がるか、モデムの使用料が別にかかるとか。

 

 

いくらでも誤魔化しはできる。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、うちのホームページの情報量が多いのは、誤解を一つでもなくすためだ。

 

 

特にお金のトラブルだけは起こしたくない。

 

 

だから初期費用もなく、コースやメニューも追加料金もなく、うちは4000円一発勝負だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

坂本『さっき分かりました、と言いましたよね?』

 

 

 

営業『いやぁ、通常はアポイントで契約頂いた方にだけ資料は送るんですよ。』

 

 

 

坂本『じゃあなぜさっきは、資料を送ると言ったのですか?』

 

 

営業『いや言ってませんよ。』

 

 

 

 

 

私の予感は的中した。

 

 

やはり志村が降臨している。

 

 

間違いない。

 

 

このボケパターンはひとみ婆さんだ。

 

 

 

 

こちらが言ったはずのことが聞こえていない。

 

 

自分が言ったはずのことを言っていない。

 

 

これはひとみ婆さんで間違いない。

 

 

 

 

 

次はバカ殿でくるか?

 

 

なら私はくわまんかで応戦するか?

 

 

禁断の田代まさしでいくか?

 

 

 

いや、往年のファンとしては、ここいらでドリフ時代のネタも織り交ぜてほしい。

 

 

東村山音頭あたりを期待するのは酷な話だろうか。

 

 

 

 

 

 

坂本『口頭だけだと細かい取り決めが分からないので、こちらの勘違いとかトラブルになりませんか?』

 

 

坂本『紙の資料がないと口約束ですよね?』

 

 

坂本『後から5800円になるって言った言わないの水掛け論になりませんか?』

 

 

 

 

私も志村を引き出すために必死だ。

 

 

そして、ひとみ婆さんと契約を交わすわけにはいかないのだ。

 

 

 

 

営業『今はネット社会で、どんどん変わっていくので、紙の資料は作らないようにしてます。』

 

 

・・・あかんやん。

 

 

・・・言うてもうてるやん。

 

 

坂本『契約した時と、内容や料金が変わったらダメじゃないですか?』

 

 

営業『はーい。はーい。うぃーす。』

 

 

と言って電話は切れた。

 

 

 

 

まともな会社の対応ではない。

 

 

掛かってきたケータイ番号をネットで検索したら、しっかり迷惑電話リストにはいっていた。

 

 

うぃーす。って。あんた・・・

 

 

そこは『うぃーす』じゃなくて『あぃーん』だろうがよ。

 

 

 

 

危ない危ない。

 

 

騙されるところだった。

 

 

志村が電話してくるなんて、おかしいと思ったんだよ。

 

 

 

みなさんも、うまい話、怪しい電話、孫が事故ったから早急にお金を入金してほしい、なんて話には注意しよう。