サラリーマン哀愁

 

まだ私が若手のころ。

 

 

まだカイロプラクティックを始める前、ある会社に入社した。

 

 

治療家になるのか、サラリーマンを続けるのか決めかねているまま入社した会社であった。

 

 

治療家になりたいという思いと、サラリーマンを辞める踏ん切りがつかないのと交錯していた。

 

 

 

 

 

その会社はゴリゴリの営業部隊で、私は高知支店に配属。

 

 

最初の1週間は先輩営業マンと同行して、営業のやり方を学ぶそうだ。

 

 

 

月曜に入社して4日目の木曜日。

 

 

私は高知支店長に呼ばれた。

 

 

高知支店長『坂本、浜松支店に欠員がでてな。お前行ってみんか?』

 

 

高知支店長『3ヶ月のレンタル移籍や。お前のキャリアにもいいと思う。』

 

 

 

サラリーマンの方なら分かると思うが、私に行く行かないの選択肢はない。

 

 

会社の駒だからだ。

 

 

 

 

そして、高知支店長が私を選んだ理由も明確だ。

 

 

まだ入社したてで、私が使い物になるかどうか分からないからだ。

 

 

厳しい営業部隊なので、入社して1週間で辞めるとか、1件も契約がとれない人なんてザラにいる。

 

 

それに対して、安定して結果をだしている高知のメンバーは、手元に置いておきたい。

 

 

だから、高知支店で一番の弱者である私を放り出したのだ。

 

 

 

 

 

月曜に入社して、次の月曜には私は浜松支店にいた。

 

 

そこから浜松での私のホテル暮らしが始まった。

 

 

 

 

 

 

最初の1ヶ月目。

 

 

まったく契約がとれなかった。

 

 

よく浜松の支店長に怒鳴られた。

 

 

浜松支店長『坂本!お前浜松まで何しに来たんだ!』

 

 

浜松支店長『お前の給料払ってお前のホテル代まで払って、全然戦力になってないぞ。分かってるのか?』

 

 

坂本『・・・すんまそん。・・・』

 

 

謝るのは慣れっこだ。

 

 

 

 

そこへ面倒見の良い鈴木さんがフォローにはいった。

 

 

鈴木さん『支店長、坂本は自分の意志でここに来て、ホテル暮らししてるわけじゃないですよ。』

 

 

鈴木さん『浜松支店の業績が悪いから、入社早々ここに連れて来られたんじゃないですか?』

 

 

 

 

鈴木さん。OK。分かってるよ。ありがとう。

 

 

支店長だって、それくらい承知のうえさ。

 

 

支店長も、自分の意志で言ってるわけではないさ。

 

 

 

私も支店長の立場を承知してるし、自分の立場も承知してる。

 

 

飛ばされて来たくせに、役に立ってないからすみませんって言ってるわけさ。

 

 

お互いサラリーマンがゆえに、立場で発言が決まるってわけさ。

 

 

 

 

 

 

 

2ヶ月目。

 

 

まぐれで契約をとりまくり、私は浜松支店のトップに(一時期)躍り出た。

 

 

浜松支店長は、私にお褒めの言葉をかけてくれるようになった。

 

 

 

 

その頃から、高知の支店長からも電話がくるようになった。

 

 

高知支店長『坂本!元気か!凄いな!営業成績見たゾ!』

 

 

高知支店長『お前が高知に帰ってくるのを楽しみにしてるからな。』

 

 

高知支店長『みんなお前と仕事がしたいって言ってるゾ。』

 

 

 

・・・うそだ。・・・

 

 

高知支店で1週間しか仕事してないし、浜松来てからは誰からも連絡なかったし。

 

 

 

 

自分が周りから、どんな風に愛されているのか分かると傷つく。

 

 

 

 

 

さだまさしの案山子という歌をご存じだろうか。

 

 

上京した子供を心配する歌だ。

 

 

この歌のように

 

 

『寂しくないか?友達できたか?』

 

 

と高知の支店長は聞いてはくれなかった。

 

 

 

 

 

 

3ヶ月目。

 

 

3ヶ月のレンタル移籍が過ぎれば、浜松に残るか、高知支店に戻るか私に決定権があるらしい。

 

 

長野支店も欠員がでて、なんと私に来てほしいそうだ。

 

 

クズ扱いされていた自分が、一瞬だけ人気者になったみたいで嬉しかった。

 

 

 

 

私の決断は高知支店ではなく、

 

 

浜松支店でもなく、

 

 

長野支店でもなく、

 

 

この会社を辞めることであった。

 

 

 

 

私は無性に、人に感動を与えるような仕事がしたいと思った。

 

 

絶望の淵で死にそうだった人が、明日も生きていこうと思うような。

 

 

そんな仕事だ。 

 

 

早く治療家になりたかった。

 

 

3ヶ月間、夜中に整体の勉強を始めていて、どこの学校にはいるかも決めていた。

 

 

 

 

 

私が辞めると決めたあとも、浜松の支店長は温かかった。

 

 

浜松支店長『坂本ありがとうな。お前のおかげで助かったよ。』

 

 

高知の支店長も何度か引き留めてくれた。

 

 

 

 

 

 

浜松の最終日、つまりサラリーマンの最終日。

 

 

その日の仕事を全部サボって、営業用のチャリンコを立ちこぎして、私は遠州浜を見にいった。

 

 

海はいい。

 

 

悩んだときは海を見るといい。

 

 

海をみて清々しい気持ちでサラリーマンを終えた。

 

 

 

 

 

治療家になる前、何社か会社を渡り歩いたけど、どの会社も学びがあった。

 

 

なんでも経験してみて損はない。