風邪のシーンに込められた思い

 

岡田斗司夫のジブリ解説。

 

 

魔女の宅急便、第2弾。

 

 

風邪のシーンに込められた思い。

 

 

 

 

 

物語の序盤。

 

 

家をでる前に、13歳のキキは父親に『高い高い』をしてもらう。

 

 

『お父さん\(^o^)/』

 

 

と手を広げて立つキキに、父はすぐにキキの気持ちを察して高い高いをしてあげる。

 

 

 

 

 

挙句の果てに

 

 

『辛かったらすぐに帰ってきていいからね。』

 

 

とキキに言い放ってしまう。

 

 

つまり宮崎駿は、キキの父親を優しいお父さんではなく、子供を過剰に甘やかしてしまうダメ親父と表現しているのだ。

 

 

 

きっと私も高い高いをする親父だと思う。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして物語中盤。

 

 

キキは風邪をひいて寝込んでしまう。

 

 

そこへパン屋の女将おそのが部屋へ入ってくる。

 

 

『ミルクがゆ作ったからね。』

 

 

とだけ言って、おそのが部屋から出ていこうとするシーン。

 

 

 

 

 

おそのは熱いミルクがゆを、親のようにフーフーしてくれるわけではない。

 

 

昨日キキになにがあったのか、聞くわけでも話しかけるでもない。

 

 

 

 

キキの心情は、風邪を引いているし寂しいので、おそのにもう少しそばにいてほしい。

 

 

 

 

 

おそのが部屋をでていく瞬間、キキは

 

 

『おそのさん』

 

 

と呼び止める。

 

 

 

 

 

『なに?』

 

 

とおそのは立ち止まる。

 

 

玄関から一歩だけキキに近づき、キキの方を向く。

 

 

 

 

 

『・・・なんでもない』

 

 

とキキは言い、おそのは立ち去る。

 

 

キキは『この部屋にいてほしい』という言葉をグッとこらえた。

 

 

このシーンだけで、キキが甘えを我慢するという成長が表現されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

キキは『おそのさん』と呼び止めるとき、序盤の『おとうさん』と呼ぶときと全く同じ口調で呼んでいるらしい。

 

 

キキにとっておそのさんは、新しい街の親代わりなのだ。

 

 

 

 

だが、わざわざ親元を離れて修行に来ているののである。

 

 

おそのは甘えるための親でなく、成長のための親でなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

『もうちょっとここに居て』

 

 

という言葉を我慢しているキキの気持ちを、すべて察して何も気づかないふりをして部屋をでていくおそね。

 

 

おそね最強である。

 

 

 

 

 

もし、おそのが一歩ではなく、キキの目の前まで歩いてきていたら。

 

 

恐らくキキはおそのに甘えてしまっていただろう。

 

 

おそのは絶妙な距離感で、キキを見守っていたのだ。

 

 

おそねアッパレである。

 

 

 

 

 

 

キキの甘えを察して、高い高いをしてあげる優しい父。

 

 

自分の娘でないがゆえに、過保護ではない優しさができるおその。

 

 

 

 

 

 

このシーンだけで、

 

 

『人間は親から自立していかないと成長できない。』

 

 

というメッセージが込められているらしい。

 

 

 

 

 

ちなみに、私の娘への愛情は、キキの父親の愛情に近い。

 

 

嫁さんの娘への愛情は、おそのの愛情に似ている。

 

 

 

 

 

私は欲求を満たしてあげたい。

 

 

嫁さんは我慢を教えてあげたい。

 

 

 

 

 

 

私は子供とオセロをしたら、ギリギリ負けるようにする。

 

 

嫁さんは子供とオセロをする時、全力で勝ちに行く。

 

 

 

 

 

 

 

私はオセロの楽しさ教え、嫁さんは勝負の厳しさを教える。

 

 

なんという絶妙なバランス。

 

 

まるでミルクレープのようなハーモニー。

 

 

 

 

愛情とはバランスが大事なのだと思う。