頭痛でお悩みの方

まずはあなたの頭痛の特徴を知りましょう。

 

 

<①緊張性頭痛>

緊張性頭痛とは、日常生活などの疲れからなどが原因で首のコリや肩こりが起きた結果に感じる頭痛です。

いわゆる『肩こりからくる頭痛』で頭痛の原因の7割~8割を占めていると言われます。

 

緊張性頭痛の特徴として

頭全体が締め付けられるような感じ。

●痛みが目の上や後頭部、ときに首や肩のうしろにひろがる。

●夕方になると特につらくなる。

●発作的でな長時間続くケースが多い。

 

緊張性頭痛は、入浴やマッサージで一時的に楽になるケースもあるようです。

しかし、首や肩のコリが原因ですので、カイロプラクティックの矯正によって、首や背中のズレを解消するのが一番効果的です。

 

<②片頭痛>(偏頭痛)

片頭痛は、頭の片側だけが痛むものと想像してしまいますが、実は『片側だけ痛い=片頭痛』ではありません。

ちなみに片頭痛=医学用語で、偏頭痛=一般的と言われていますが、どちらも同じです。

 

片頭痛は簡単にいうと『頭の血管の痛み』で心臓の拍動に合わせたような『ズキンズキン』という強い痛みが特徴的です。

 

 

片頭痛の特徴として

●こめかみに『ズキンズキン』と脈打つような痛み。

●片側が痛いこともあれば両側が痛いこともある。

●姿勢を変えたり、頭をちょっと傾けるだけで痛みが増す。

マッサージや運動、入浴で悪化する場合がある。

天気の悪い日に起こりやすい。

吐き気や嘔吐を伴うことがある。

 

片頭痛は自律神経と深い関係があります。

頸椎と背中の矯正により、自律神経が整えば片頭痛は回復していきます。

 

 

あごの関節の不具合も、頭痛の原因となっている場合がおおいです。

噛み合わせが悪い方や、顔のゆがみが気になる方には効果的です。

 

 

<③頸椎原生頭痛>

頸椎原生頭痛は、頸椎(首の関節)のズレが原因で起こる頭痛です。頸椎の上部は三叉神経(さんさしんけい)という頭や顔の間隔を支配している神経と密接な関係があります。

頸椎にズレが起こると、三叉神経に影響し頭痛が起こります。

 

頸椎原生頭痛の特徴として

●痛みは主に首、後頭部にある。

額やこめかみ・耳・目などにも痛みを感じる。

●吐き気やめまいを感じることがある。

●頭痛薬では改善しない。

雨や曇りの日に痛みが強くなる。

 

頸椎原生頭痛はカイロプラクティックの矯正が非常に有効です。

頸椎を正常に整えることによって改善していきます。

また、姿勢も整えていく必要があるので、骨盤や背中など全身のゆがみを矯正していきます。